会話の内容と滞在時間

 できるだけ聞く側に回り、質問には誠意を持って答え、立てるように心がけたいものです。 また、なれない敬語は無理に使わず、目上の人に対して使う一般的な敬語で自然体で話すことが懸命です。無理に話題を作ろうとしても、なかなか話が続かない事もあります。 共通の話題をあらかじめ相談しておくと安心です。出来るだけ和やかに会話をする事で緊張した雰囲気も和む事もあるでしょう。

 一番好ましいのは、親の趣味やふたりの子供時代の話や、結婚式の規模・引出物の話をする事です。

 病気、政治、宗教、スポーツのひいきチームの話は、誰かが傷ついたり気分を害する恐れがあるので避けた方が良いでしょう。

 訪問時間は1時間半~3時間が妥当です。男性から「それでは今日はこのへんで」と切り出し、きちんと挨拶をして帰宅しましょう。

ティアラ